脱力して生きていこう

人生の折り返し地点を迎えましたが、仕事に追われ続けてきたこれまでの職業人生に少し疲れてきました。一度しかない人生だから、自分の好きに、着の身着のままに生きてみたい。目標は50歳でセミリタイアすること。ここでは日常の出来事や発見、感動など、思うままに綴ります。

年賀状をやめてみた

コロナ禍の影響で、昨年は自分の暮らしや物事に対する考え方を見つめ直す時間が増えました。

 

そして、何事もまずは行動・実践してみることが大切だと考え、できることから取り組んでみることにしました。

 

その一つが年賀状です。

時間は取られる、お金もかかる、気は遣う、の3重苦で、年々負担が増してきました。

 

以前に比べればかなり減ったものの、それでも毎年50人ほどとやり取りをしています。

手書きのメッセージを添えないと失礼なのかなと思い、内容を考えるわけですが、これが面倒。

結局は、

「また飲みに行きましょう。」

「今年もよろしく!」

という、社交辞令に落ち着くのでした。

 

メールやSNSが定着した現代。

その気になれば、友人・知人とはいつでも連絡が取れます。

だから年賀状は今年分を最後にやめることにしました。

 

文面には、人生の折り返し地点に差し掛かったこと、コロナ禍で人生観が変わったことを記し、年賀状でのご挨拶は今後控えたい旨を明記しました。

相手にどのように受け止められたかは分かりませんが、人からもらった年賀状の内容などすぐに忘れ去られるもの。

長年の苦痛から解放されて、気が楽になりました。

新しい年を迎えたので、再開します。

あけましておめでとうございます。

4カ月ぶりの投稿となります。

コロナ禍のとばっちりを受け、ふさぎ込んでしまい、文章を書く気力を失っておりました。

でも、皆さんのブログは時折拝見しておりましたので、近いうちに再開したいなと思っていました。

新しい年を迎えたので、心機一転、また好き勝手に書いていこうと思います。

 

2020年は個人的にも厳しい1年となりました。

2021年はその分、いや10倍返しぐらいの良い年となればいいなと願っています。

今年も皆さんのブログに刺激を受けながら、前向きに生きていきたいと思います。

 

 

 

ウンパニ体操で顔面を鍛える

社内研修で「ウンパニ体操」なるものを教わった。

マスコミでも頻繁に取り上げられているため、ご存知の方も多いようだが、私は全く知らなかった。

 

※参照:菅原徹先生のWEBサイト

www.kanseismile.com

 

感情を表に出すことが苦手な人は、そもそも顔の筋肉(表情筋というらしい)が固まっているので、にっこり笑えと言われても無理なのだそうだ。

私も人前でほほ笑んだりするのが苦手なので、同僚や部下からは近寄りがたいと思われているかもしれない。

 

この体操を毎日2~3分繰り返すと、2~3週間後には効果が出てくるという。

早速、入浴時にやってみた。

 

鏡に映る自分の姿は不気味そのもの。

でも、筋トレのような苦しさはないし、手軽に取り組めるので、しばらく続けてみようと思う。

 

ただ、コロナのせいで四六時中マスク着用を義務づけられているため、同僚にお披露目できるのはかなり先になりそう。

果たして変化に気付いてくれるだろうか。

8月のふるさと納税はスーパードライにした

酷暑でビールがうまい! こともあって今月のふるさと納税もビールを選んだ。

 

銘柄は、アサヒ・スーパードライ

普段はキリンかサッポロの銘柄を選ぶことが多いのだが、コロナの影響でアサヒビールが一番苦戦しているとの報道を目にし、ささやかな応援の意味を込めて今月はアサヒを選んだ。

f:id:tabisennin:20200831213112j:plain

 

スーパードライは学生時代に散々一気飲みをさせられた、苦い思い出のあるビール。

在学中の4年間、あちこちの居酒屋で失態を繰り返し、周囲に迷惑をかけていた。

現代なら問題になるのだろうが、平成の前半は世の中が今よりも寛容で、居酒屋で学生が騒いでいても、店員さんも他のお客さんも、「学生さんやから・・・」ということで大目に見てくれていた。

今の学生は、店によっては胸に未成年シールを貼られるなど、ちょっと気の毒に思う。

これも未成年や学生団体の飲酒による悲惨な事件・事故が後を絶たないので、仕方がないのだろうけど。

 

そんな思い出満載のスーパードライ

久しぶりに飲んでみると、キンキンに冷えていて、実にうまかった!

「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」

看板に偽りはなく、昨晩もYouTubeの鉄道チャンネルを観ていたので、気が付けば3缶、飲み干していた。

修理に出していた時計が無事に戻ってきた

15年近く使っていた腕時計の調子が悪くなり、修理に出していた。

近所の時計店でもよかったのだが、生涯使おうと決めた時計なので、製造元のメーカーできちんと見てもらうことにした。

セイコーのホームページで確認すると、修理の手続きについて明示されていたので、安心して託すことができた。

 

指定された宅配便で送り、待つこと約半月。

本日、手元に戻ってきた。

修理費用は21,890円

結構な値段だが、愛用の時計だったので、惜しいとは思わなかった。

それよりも無事に直って良かったし、バンドの汚れもきちんと洗浄してくれていたので、うれしく思った。

f:id:tabisennin:20200830144224j:plain

 

時計とともに使用上の注意が同封されていたので目を通すと、今まで磁気への配慮が欠けていたことに気付いた。

電波時計はパソコンやスマホ等、磁気を発する製品の近くに置かないように、とのことだった。

f:id:tabisennin:20200830145442j:plain

 

最近は腕時計をはめずに出勤することが多く、スマホや職場の掛け時計で時刻を確認している。

ただ、商談や面談のときに、スマホで時刻を確認すると印象が悪いと思うので、腕時計はやはり必要となる。

 

よみがえった相棒を大切にしなければ。

そう思った。

『最高の人生の見つけ方』を観る

昼休みにお気に入りのブログを読んでいると、映画最高の人生の見つけ方が紹介されていた。

www.imdb.com

 

記事の内容が妙に心に残ったので、帰宅してからAmazonで観ることにした。

 

ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマンという映画に疎い私でも知っている大物俳優の共演作。

余命宣告を受けた後の人生の過ごし方を問いかけており、10年以上前の作品だが、いまでも十分通用する内容だと思った。

 

棺桶に入るまでにやっておきたい「The Bucket List」

自分も一度、書き出してみようと思った。

Amazonでゲルクッションを買った

テレビCM(通販)で前から気になっていたゲルクッションを購入した。

 

f:id:tabisennin:20200826201146j:plain

f:id:tabisennin:20200826201213j:plain

試してはいないが、卵も割れないらしい。

はじめはCMで指定された電話番号にかけようと思ったが、念のためAmazonで調べてみたら、Amazonの方が断然安かった

CMには社長が出演していて、相方の女性芸能人に「社長~、もう少し安くならないのお~?」とねだられ、「う~ん、それでは2,980円でお願いします。ただし、お一人様3個までとさせていただきます。」と返していた。

Amazonなら送料込みで1個1,944円だった。

 

実際に使ってみた感想だが、めちゃめちゃいいとは言えないが、値段の割には高機能だと思った。

自室の椅子はクッション性が皆無であるため、これまでは2時間も座っていたら腰が痛くて仕方なかったが、ゲルクッションのおかげで腰痛はかなり軽減された。

f:id:tabisennin:20200826202110j:plain

洗濯機で洗えるカバー付

 

だから、追加で職場用に1つ、家族用に1つ、計2個購入した。

もちろんAmazon

 

テレビCMの演出に騙されてはいけない。

いい勉強にもなった。

自宅でのテレワークは無理

今さらながら、本日、自宅でのテレワークを初めて経験した。

午後から半休を取得したので、午前だけの勤務だったが、集中力が何度も途切れて、全然だめだった。

たった4時間のことなのに情けない。

 

職場に比べて、電話対応をしなくていいし、部下や同僚の話を聞かなくていいので、本来なら集中して取り組めるはず。

でも実際は、他人の目を気にしなくてよいせいか気が緩んでしまって、ボーっとしたり、メールで飛び込んでくるニュースや株価情報につい目を向けたりして、集中力が持続しなかった。

 

そもそも自分にとって自宅はリラックスするための安らぎの場であるから、仕事には適さない。

考えてみれば、子どもの頃からそうだった。

自宅で勉強なんてできないから、学校の教室や図書館で済ませた。

受験勉強も学校のほか市立図書館や民間の自習室を借りてやっていた。

社会人になってからも、資格取得のための勉強は職場の会議室等を拝借した。

 

テレワーク自体はいいことだと思うが、自宅での仕事は私には無理だとわかった。

もし今後、テレワークが義務化された場合、自宅以外の場所を探さないといけない。

先日訪れた商業施設に置いてあったような個室型スマートワークブースを利用するのがいいのか、近所のカフェや図書館を利用するのがいいのか、あるいはシェアオフィスでも借りるのか。

同じような悩みを抱えている方は結構いると思うので、そのうち手頃な値段のいいサービスが生まれることを期待したい。

f:id:tabisennin:20200825142828j:plain

証明写真の機械かと思ったら、レンタルオフィスだった。

 

「マクド渋滞」にイラつく

今日、車で片道2車線の幹線道路を走っていると、左側車線が全然進まない。

目的地に向かうためには次の信号で左折しないといけないので、左側車線を進むしかないのだが、待てど暮らせど進まない。

事故でもあったのかと思い、諦めて隣の車線に移りしばらく進むと、「」の看板が見えてきた。

なんやねん、マクドか!

犯人はマクドナルドのドライブスルーだった。

 

行列は店舗の駐車スペースからはみ出て、幹線道路を100メートル近くふさいでいたから、かなりの人気ぶり。

マクドって、そんなにうまいんか?」

この日、買い物で訪れた商業施設内にも店舗があったので、試しにマクドナルドで昼食をとることにした。

 

ずっとモス派だったので、マクドナルドを訪れたのは実に15年ぶり

店内は比較的空いていたが、Uber Eatsの配達員が次々にやって来たのが印象的だった。

 
 
 
 

注文したのはビッグマックのセット。

マクドハンバーガー、コーラー、フライドポテトと言えば、以前読んだ栄養関連の書籍では”悪魔の3点セット”と評されていたが、食べてみると以前覚えたような嫌悪感は抱かなかったし、きちんと完食できた。

この10数年で企業努力をされたようだ。

 

でも、あの渋滞だけは勘弁してほしい。

こちらの企業努力もお願いしたい。

なぜアイスコーヒーの方が値段が高いのか?

毎晩、コーヒー豆を挽いて淹れて飲むことを日課にしている。

普段はホットだが、連日の酷暑で気分も滅入り気味。

たまにはアイスコーヒーでも飲んで、リフレッシュしてみるのもいいかと思い立った。

 

自分でアイスコーヒーをつくるのは初めてのこと。

愛読している専門書で作り方を確認してから、準備に取り掛かった。

 

使用する豆はいつもと同じだが、分量は普段の1.5倍

アイスコーヒーは氷で味が薄まるので、ホットよりも濃いめにしておかないと、おいしくないとのこと。

カルピスをイメージすると分かりやすい。

f:id:tabisennin:20200822193159j:plain

豆の分量はいつもの1.5倍

 

肝心の出来栄えだが、初めてにしてはまずまず。

氷が溶けきった後もコーヒーの味がしっかりと残っていて、一部大手チェーンの薄っぺらいものよりも断然おいしく感じられた。

f:id:tabisennin:20200822193331j:plain

大量に入れた氷は一瞬で溶けていった


アイスコーヒーは、豆が多く必要だし、氷も使うし、手間も余分にかかる。

アイスコーヒーのまずい店は、豆をケチっているか、冷蔵庫に長時間作り置きし風味が飛んでしまったかのどちらかだろう。

 

今までは深く考えていなかったが、多くの店でホットよりもアイスコーヒーの方が値段が高い理由が分かり、コーヒーへの認識が深まった気がする。

 

※下記のnote coffee houseさんが詳しく解説されています。

www.kakuou-note.com

脱力して生きていこう - にほんブログ村